History & Origin of TELEFUNKEN

TELEFUNKENマイクロフォンの歴史
TELEFUNKENは1903年、シーメンスとAEGが合併して設立されました。
シーメンスはドイツ軍に、AEGはドイツ海軍にそれぞれ無線通信の開発を行なっていましたが、特許に関する問題を解消するためにドイツ皇帝カイザー・ヴィルヘルム2世が互いに協力するよう促し、合併会社TELEFUNKENが誕生しました。
TELEFUNKENのTELEは「距離」を意味するラテン語から、FUNKENは「火花」を意味するドイツ語からつけられました。



TELEFUNKENは1900年代を通じて無線通信、テレビ、ビデオカメラ、真空管、プリアンプ、マイクなど数多くの分野で世界のテクノロジー産業をリードしてきました。
そして1947年、TELEFUNKENは世界的な名機となるマイクロフォン、U47の販売を開始しました。U47はマイクの指向性が切り替え可能(カーディオイドとオムニ)な世界初のコンデンサーマイクで、リボンマイクがレコーディングスタジオのスタンダードとなっているアメリカでは非常にポピュラーな存在となりました。
U47の音の再現力・細かな作り込みのおかげで使用するレコーディングスタジオはどこも高水準の音をレコーディングすることができました。



U47のデザイナー、Georg Neumann氏がTELEFUNKENとの販売契約を更新しないと決定した際、U47は販売から除外されました。
TELEFUNKENはU47に変わるマイクロフォンシリーズを開発するためにAKGと契約しました。
これを機に、のちに伝説となるELA M251が誕生することになります。

このデザインは製造段階にあったAKGのC12から生まれ、CK12カプセルがデザインの元となります。そして1959年、ELA M250/251が世界に発表されました。 1959年から1962年までの短い生産期間でありましたが、ELA M251のサウンドは史上最高のマイクサウンドの1つと考えられています。



これまでに数多くのマイクロフォンがTELEFUNKENから販売されましたが、レコーディング業界においていまだにELA M251とU47が最高のマイクだと謳われています。
マイクとあわせて、TELEFUNKENの真空管についても品質の高さで非常に評価が高く、今日においても非常に多くのレコーディングスタジオで使用されています。

その後TELEFUNKENは会社と所有権の変更を繰り返した末、1985年に生産および新規開発を中止しました。
そしてELA M251が生産されなかった40年の間に、最高級のマイクの1つとして伝説的な地位を獲得しました。
少ない生産量とマイクそのものの脆弱性が重なり、状態の良い個体がますます希少となり価値がより高いものとなりました。
ウォール・ストリートジャーナルでもELA M251は1900年代における最高のプロダクションの1つだと記事で紹介されました。

他のヴィンテージ電子機器と同じく、これらのオリジナルユニットでは部品の故障が起こり始め使用ができなくなります。
このマイクの必要性、可能性を見てTELEFUNKENはTELEFUNKEN Elektroakustikとして2000年に再生を果たすのでした。

ブランド概要
アメリカはコネチカット州、サウスウィンザーにあるTELEFUNKEN Elektroakustikは100年以上前に設立されたTELEFUNKENによって培われた卓越性と革新の伝統を受け継いできました。

TELEFUNKEN Elektroakustikは、所有者であるToni Fishman氏が北米で使用するための名前とダイアモンドのロゴの権利を取得した2000年に始まりました。
そこでTELEFUNKEN ElektroakustikはELA M251のポーラパターンセレクターについての分析から始めました。
Fishman氏は自身のレコーディングスタジオで使用するためにオリジナルのELAM251を購入しましたが、そのELA M251のポーラパターンスイッチが機能しておりませんでした。これが元ユニットではよくある問題であることを認識して、それを再現するというアイディアが生まれました。スイッチは分析・解析され、同じ問題を抱える251ユーザーのために当時の製造されたマイクと同じクオリティで復刻することを目標にしました。
次の2年間はマイクの様々な部分を細部まで徹底的に開発するために費やしました。
TELEFUNKENとAKGから多数のオリジナル文書・設計図を取得、そして徹底的なリバースエンジニアリングによりELA M251はオリジナルとなんら遜色のないクオリティで復刻を果たすのでした。

コネチカット州サウスウィンザーのTELEFUNKENは2002年のAudio Engineering Societyコンベンションで初めて復活したELA M251を紹介しました。この新しく製造されたリイシューのオリジナル再現度の精度はオーディオ業界に衝撃を与えました。
そしてこのELA M251はStudio Microphone Technologyで2003年のTEC賞を受賞しました。

その後も勢いは衰えることなく、TELEFUNKENは同じリバースエンジニアリングを利用、当時と同じ厳しい管理・基準のもとU47とC12の再現とリリースに成功するのでした。
ELA M251の伝統に倣い、ダイヤモンドシリーズマイクの全てのパーツはコネチカット州、ニューイングランド州で機械加工されます。
全てのマイクは1から組み立てられ、出荷前にTELEFUNKENラボにて検査が行われます。