>>B級ストック品特価セール 箱潰れ等のハードウェア機器やハイエンドイヤホンが最大75%OFFの大特価!!
TOP > Slate Pro Audio > DRAGON ToneflakeCustom
DRAGON ToneflakeCustom
DRAGON ToneflakeCustom

Slate Pro Audio DRAGON ToneflakeCustom


衝撃のデビューからはや5年が立とうとしています。数々の話題をさらったあのSLATE PROAUDIO DRAGON。パネルレイアウトからしてUREI社の1176を意識している事は想像にかたくありませんが、実際にはかなりオリジナルな設計になっています。ゲイン・リダクション回路の半分こそ1176を参考にしているものの、数々のトーン回路や WET/DRY回路、サチュレーション回路などを搭載しており、また出力にはN社1073のA級動作回路を採用しています。WA76と違って(WA76は若干の回路変更が行われている)DRAGONの出力回路はほぼそのままN社1073等のプリアンプと同じ設計になっています。まさにTONEFLAKEの真骨頂発揮の部分です。

出力ボリューム以降に搭載されているA級動作出力回路には2N3055トランジスターを使用。その電流回路のトランジェントはN社の設計では現在の音声事情では少し特性が物足りないのですが、TONEFLAKEでは数々の1073系のプリアンプのメンテで培ったノウハウを投入。艶と奥行きのある良い音に仕上がりました。

出力部にはDCギャップコアのTONEFLAKEカスタムトランスを採用。広範囲の周波数帯域での高スルーレートを実現しました。艶があり、パンチがあって粘りもあるというまさに理想のトランスです。

ゲインリダクション回路で作られた音声信号を受け取るカップリング・コンデンサーに旧ソ連製の軍事用通信機器で使われる高性能パーツを使用しました。この部品は音が非常に暖かく尚かつ解像度が向上する事が多くのブラインド・テストで実証されています。特殊な鉱物を使うため、通常はまず入手不可能です。以前より研究を重ねていたTONEFLAKEではこのパーツを必要数確保してあります。

DRAGONの個性であるトーン回路やサチュレーターはその色合いを尊重するためにほぼ改造しておりません。その前後における音声増幅回路はDRAGONのオリジナルであるため個性が出ています。その入出力に上記でも使用している旧ソ連製パーツを使用。また、ゲイン・リダクション回路のバッファー部には非常に特殊な超高性能パーツを贅沢に採用しています。これによりDRAGON TONEFLAKEカスタムは低域のパンチと高域のスピード、音のキレを実現しました。

以上の改良により、DRAGONは通常品では少し乾いたクールな音がする部分を艶と奥行き、スピードを与える事に成功しました。是非実機にてお確かめ下さい。