楽天市場
Yahoo ショッピング
デジマート
LINE
mail magazine
    Shop Information
    アクセス
    JR御茶ノ水駅より徒歩6分
    JR秋葉原駅より徒歩10分
    東京メトロ「淡路町」「小川町」「新御茶ノ水駅」より徒歩1分
    >>アクセスマップ

    営業時間
    月曜〜土曜 11:00〜20:00
    日曜・祝日 10:00〜19:00

    定休日
    正月休み(1月1〜2日)のみ

    TEL:03-3255-2755
    FAX:03-3255-0382

    >>お問合せフォーム
    >>アクセス、フロアガイド
    >>ご来店予約
    [個人情報の取扱い]
    本ページで入力していただく個人情報は宮地楽器へのお問い合せが目的です。
    個人情報の第三者への提供はお客さまの許可なく行うことはございません。

    Drumスタ

    ☆大好評セルフレコーディングシステム「RECスタ」が大幅アップグレードして、ドラムレコーディングも可能になりました!その名も「Drumスタ」登場!

    「Universal Audio/Apollo System」を全面的に導入することで、レコーディング・スタジオレベルの音質を実現しながら余計な配線を極力排除!常設のiPadでDAW(cubase,Logic,Protools,StudioOne)を遠隔操作することでドラマー1人でもハイクオリティなドラムRECができちゃいます!
    まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

    upgrade

    Drumスタご利用料金

    1時間 ¥4,000(税込み)
    3時間パック ¥10,800(税込み)
    延長料金 1時間 ¥4,000(税込み)
    ※スケジュールに空きの無い場合は延長できない場合があります。
    ※キャンセルに関して
    ・当日を含め7日以内のキャンセルの場合は、スタジオ料金のみの100%のキャンセル料をいただきます。
    ・7日以上前のキャンセルの場合は、スタジオ料金のみの50%のキャンセル料をいただきます。
    ※オプション料金のキャンセル代は計算しません。
    ※上記を踏まえて日程の変更は応相談でお受けします。

    宮地楽器 & ojjy & LEVIN Drumスタ インタビュー!

    Drumスタ イクイップメント

    常設機材
    Computer DAW I/O (Audio Interface) マイクロフォン
    Apple Macintosh iMac
    CPU / Core i7(QuadCore)/3.1GHz
    OS / 10.10.x
    SSD / 1000GB
    メモリ / 16GB
    StudioOne 3.5
    CUBASE 9.5
    Logic ProX
    Pro Tools 12
    Apollo 8P(※全オプションプラグインインストール済)
    Apollo 8
    Apollo 8(Silver)
    BD IN : Audiotechnica/ATM25
    BD OUT : Solomon mics/LoFReQ(sub kick)
    SN TOP : Audix/i5
    SN BOT : Lewwit/MTP440DM
    HH : AKG/CK91 + SE300B
    TOMS : DTP340TT
    TOP : LCT340 Pair
    ROOM : Earthworks/QTC30 Pair
    オプション機材(+¥500/1h)
    D.I.
    Radial J48
    Radial JDI
    HUMPBACK ENGINEERING High Definition D.I.
    Rupert Neve Designs RNDI

    持ち込み機材のある方

    大幅なセッティングやマイキングの変更がある場合、対応できかねる場合があります。スネアやペダル以外に機材を持ち込まれる場合は予約か事前のお問い合わせの際に予めスタッフまでご相談下さい。事前に連絡を頂いてない場合は、セッティングの変更時間はスタジオご利用時間に含ませて頂きますのでご了承ください。

    Drumスタ ムービー(※2017年アップグレード以前の映像です)

    Drumスタ サウンド(※2017年アップグレード以前のサウンドです)

    大幅アップグレード!

    大好評のRECスタ&DRUMスタが大幅アップグレード!価格を越えたサウンドクオリティと評判でリピーターが多かったRECスタ&DRUMスタ。私たちの予想を大きく越える反響を頂いたため、さらなる進化をいたしました!

    アップグレードポイント1:常設マイクが大幅アップグレード!
    drumst

    従来は「Lewitt/DTP BEAT KIT PRO 7」を中心にセッティングしてきましたが、ご利用頂く皆様やプロのエンジニアの方のご意見を反映し、以下のラインナップに変更しました。

    BD IN : Audio-Technica/ATM25
    BD OUT : Solomon mics/LoFReQ(sub kick)
    SN TOP : Audix/i5
    SN BOT : Lewitt/MTP440DM
    HH : Lewitt /LCT340
    RIDE:Lewitt /LCT340
    TOMS : DTP340TT x3
    TOP : AKG/ C414 XLU/ST
    Mono AMB : Ear Trumpet Labs/Myrtle
    ROOM : Earthworks/QTC30 Pair

    アップグレードポイント2:ルームアコースティックが大幅アップグレード!
    drumst

    以前はリハーサルスタジオと兼用しており、スタジオ内の反射も多くバランスが取りづらかったのですが、弊社防音事業部で取り扱っている「Very-Q」「TOPAK Q-on」「WICANDERS」という3つのブランドの製品をふんだんに使用し調音施工しました。
    楽器の録音で重要な要素である部屋の音響バランスがよくなったことで、いつも通りにドラムを叩くだけでもハッキリとしたアタック感やスッキリとしたリリースを感じる事が出来るようになり、マイクで拾われるサウンドも大きく向上しました。
    両サイドの壁は、しっかりと吸音する面と響きを大きく拡散&調音する面を入れ替えることができ、録りたいサウンドに合わせて反射を調整する事ができます。さらに4台のAcoustic Revive社のRWL-3(アコースティック・コンディショナーパネル)を自由な位置にセッティング出来るので、より細かくセッティングを詰めることが出来るようになりました。

    アップグレードポイント3:配線&電源周りを大幅アップグレード!
    drumst

    高級オーディオアクセサリー等で大人気の「Acoustic Revive」社の全面協力の元、ほぼ全ての電源&配線まわりを「Acoustic Revive」製品で統一しました。1箇所変えるだけで虜になってしまう同社の製品を、なんと総額ウン百万円分使用。このアップグレードのお陰で、システム全体のサウンドクオリティが以前とは比べ物にならないレベルになりました。既存品と入れ替えるだけで、ここまで音に高級感が出るのは流石です。

    <使用した製品達>
    アナログケーブル:LINE-1.0X-TripleC-FM
    電源タップ:YTP-6R、YTP-4R
    電源ケーブル:POWER STANDARD TripleC-FM
    クロックケーブル:CLOCK-1.OBNC-TripleC-FM
    その他のアクセサリー:RLI-1GB-TripleC(LANアイソレータ)、RLT-1(LANターミネーター)、RST-38H(クォーツアンダーボード)、RR-777(超低周波発生装置)、R-AL1-1.0(オーディオグレード LANケーブル)などなど。

    アップグレードポイント4:細かい所も大幅アップグレード!
    drumst

    お客様からの日々のニーズを少しずつ形にしています。例えば、マスタークロックにはAntelope Audio社の「OCX HD」を追加。また、最大4人まで同時にモニタリングが出来るように、BEHRINGER社の「POWERPLAY」システムを導入しています。これらも、Acoustic Revive社の電源と配線で大幅に音質の向上を図っています。細かいところでは、Primacoustic社の「CrashGuard」を使用し、スネアやタムのマイクに被る金物の音を最小限に押さえたり、シンバルスタンドに特殊な吸音材をつけることで、金物とタムの鳴りを微調整したりと日々実験を重ねております。さらに、実際に演奏に大きく影響が出るハイハットスタンド&キックペダルは、大人気のTAMA/SPEED COBRAの最上位モデルを常設しました!

    Coming soon!
    アップグレードポイント5:一番肝心なドラムセットも大幅アップグレード!



    アーティストにも貸し出しをしない某社の最上位モデルのドラム・セットが導入決定!受注生産のため現在入荷待ちの状態です。さらなる進化をお待ち下さい!

    などなど、数々のアップグレードが行われたことによって部屋の音響特性が格段に向上しています。ボーカルやコーラスのレコーディング、カホン等のドラム以外の打楽器の収録、アコースティックギターの録音など、様々な用途にお使い頂けるようになりました。「こんな感じの事もできる?」と気楽に質問して頂ければ、可能な限りのご対応をさせて頂きます。(担当/澤田)

    ご利用のお申し込み

    ※大幅なセッティングやマイキングの変更がある場合、対応できかねる場合があります。スネアやペダル以外に機材を持ち込まれる場合は予約か事前のお問い合わせの際に予めスタッフまでご相談下さい。

    ご利用申し込み・お問い合わせフォーム
    instagram
    twitter
    facebook