宮地楽器 Wurly's!

MODULAR SYNTH

3-Module Challenge

モジューラーシンセの良い所のひとつに少ないセットからでも始められるところがあります。最小セットでどれだけできるのか?何ができるのか?そこで、最小セット、モジュール3つで演奏してみました、3-Module Challenge。
ひとつのモジュールの持つポテンシャルを引出し、組み合わせの妙、つまみの動かし方。シンプルなゆえに面白い。

Wurly's!では、みなさんのそんなチャレンジをみてみたい。
「この組み合わせは面白い事が出来る」「このサウンドをつくるのに自分の定番はこれ」など、ぜひその動画をご紹介下さい。
もちろん大規模セットを自由に操っているプレイヤーも大歓迎です。
複雑にケーブルが絡み合った様な大きなセットでもある部分をとってみればシンプルであったりもします。
これからモジュールシンセを始めたいと思っている方にそんなところも感じて欲しいと思います。

参加・応募方法はこちら

スタッフブログ : 3-Module Challenge Contest 動画募集!!!

One of the advantage of module synthesizers is that you can start from a very small set of modules. What could be done with a minimum system? How far can you go? To find that out, we played using only 3 modules. It’s called “3-Module Challenge”.
It’s so challenging bringing out the potential of each module, magic of combination and manipulation from a system so simple.
We Wurly’s! would like to see your such challenges.
Please introduce us your video showing, “This combination works great for me.”, “It’s my usual to create this sound.”. Of course we welcome those of you who deal with bigger systems. Even such a big system with tangled patch cables could be very simple if you focus only on some part of it. We wish it also would help those of you who are willing to dive in to the module synth world to find out where to begin.
>>participation